03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

バナナ大好き

2010.04.30 (Fri)

2歳児歯科健診での栄養相談。
うちの子バナナが大好き「どれ位食べていいの?」と
若いママからたずねられた。

手ばかり栄養法で、お子さんの手で適量を説明。
ママも同伴のパパもニッコリ納得

とってもすてきなファミリーでした
スポンサーサイト

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

20:58  |  utou  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

食育の「育」

2010.04.28 (Wed)

管理栄養士さんの仕事の食育。幼児の食育から若いママさんの食育、看護師、介護士の食育、いろいろあります。

凡庸な教師はただしゃべる。

少しましな教師は理解させようと努める。

優れた教師は自らやってみせる。

本当に優れた教師は生徒の心に火をつける。


     英国 ウィリアム・アーサーワード



この言葉は実に有名な言葉だと後で知ったのですが、20年ほど前、この言葉が海辺の小さな寺の掲示板に掲げられているのを見て感動したことを思い出します。山本五十六が使ったと言われる言葉「やって見せて、言って聞かせて、させて見て、ほめてやらねば、人は動かじ」とどこか似ている言葉だと思ったことも。

山本五十六元帥の言葉は軍人らしい明解な言葉ですネ。五十六の「ほめてやらねば」に対して、教育学者アーサーワードは、「生徒の心に火をつける」と言っています、これがいいですネ。

ちょっと横道にそれました。今日は「食育」の「育」の話でした。

管理栄養士さんが、栄養や健康のことをひたすらしゃべる、次に、工夫をこらした資料で図解する、更には、現物で調理をやってみせる。それでも、生徒の態度に変化は現れない、つまり、影響していない。

ことがある、ジリジリします。そう、生徒の心(眼)がよそ事に向いている!本当に優れた管理栄養士さんはそのことに気づいて、生徒に尋ねる。 

そのような日々でしょうか? お疲れ様です! 
22:42  |  hidejii  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ブログの投稿

2010.04.25 (Sun)

ブログに記事を投稿するとき関連の記事や情報にリンクを貼ると文章に頼らない記事を書けます。
次の文字部分をクリックしてください。記事を書く箱の上に並んでいるボタンの説明です。

http://fc2blogmanual.blog60.fc2.com/blog-entry-158.html#more

いろいろなボタンの中から[URL]ボタンや[G]ボタンを使ってみてください。

記事作成ツールボタン1
記事作成ツールボタン2

その下には、よく使うボタンのみを選抜してマニュアル化しました。
サムネイル画像(小さいサイズの画像)を挿入ボタンで挿入しました。クリックすると大きな画像に変わります。

因みに、kaykochiさん投稿の「講演会のご案内」記事中のURL http://www.aichi-kangokyokai.or.jp
をクリックした後、[G]ボタンをクリックすると、愛知看護協会のホームページにリンクできるようになります。
15:11  |  hidejii  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あいち健康の森であいち介護予防リーダー養成!

2010.04.23 (Fri)

愛知県健康づくりリーダー 再教育研修に参加
津下先生のお話をやっ~とかめでききました。

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

14:57  |  utou  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

手ばかり栄養法

2010.04.22 (Thu)

hidejiiです。
昔の人に「手ばかり」について聴いてみました。

「使ってたよ。卵、1個はおおよそ50グラム。他の材料は卵の重さの感覚と比べて、だいたい分るもんだ。」

そうか、手ばかりは、材料のかさの大きさだけじゃない、重さも測れる。なるほど、便利な道具ですネ!

「菜っ葉の塩漬の塩だって、手でつかんだ分をまんべんに振りまくだけ。」これも手ばかり!
11:14  |  hidejii  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

手ばかり栄養法の勝手な解釈??

2010.04.21 (Wed)

hidejii様のコメントへのお返事と言うよりは独り言です。はじめまして投稿者は不良栄養士。手ばかりのプロには叱られそうですが、「私の手ばかり栄養法」に対する勝手な解釈です。食べる事=「おいしく、楽しく、幸せになること」だと思っています。たとえば、新米ママ:「ちっとも食べてくれない」「アレルギーが有って食材が限られている」「お菓子なら食べるのでついつい・・・」「育児書通り計量しているので大変なのにむら食いで」などのママにお子さんのこんな小さな手にのるだけ、食べればいいのよと言う事で安心したり、気楽に取り組んで戴く。最近体重増加が止まらない中年層に、手ばかりを体験していただき、「今まで、どんだけ~~食べすぎだったか」を実感していただく。炭水化物中心になってしまっている高齢者におかず類、乳製品などバランス食の基本をお伝えして何かに気づいていただく。そして少しずつバランスのとれた食生活に近づいて下さればいいのではないでしょうか?もちろんプロの栄養士さんたちは、基本をしっかり皆さんにお伝えするべきですが。  蛇足→昔から手の大きな人は働き者!と言います、良く動くという事でたくさん食べていいってことでしょうかね?ちなみに投稿者の手は大きいです。 

テーマ : コメントの返事 - ジャンル : その他

15:25  |  oko-chan  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

米国 …低カロリーダイエットはかえって体重を増やす

2010.04.21 (Wed)

カロリーを制限するダイエットが、体重の低下やその維持を逆に難しくしている可能性があるという。
摂取カロリーを減らすと、ストレスホルモンであるコルチゾールの産生が増大し、腹部脂肪の増加につながることが、新しい研究で示され、米国の医学誌に4月5日掲載された。

厳格なダイエット・気まぐれなダイエット・薬によるダイエット・○○ダイエットなどはうまくいかず、体重が減ったとしてもリバウンドすることが多い。

最良の方法は、いろいろな食品の摂取・運動・少しの忍耐・計画といった健康的な生活習慣を取り入れること。

正しく食べて、こまめに体を動かすこと。

そうです!!
「手ばかり栄養法」で、あなたも元気でスリムに。
そして、家族もハッピーに。

テーマ : ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

05:55  |  kayokochi  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

手ばかり栄養法 助けて!

2010.04.21 (Wed)

今の若い人(主に、女性)が、そのお母さんたちに比べると、料理をしなくなっていると聞きます。
理由はいろいろあるでしょう。女性の社会進出の増加、民主的平等な社会の実現、核家族化と同時進行した夫・父の家庭内の不存在 etc
左派の言い分では、今尚女性差別の思想、無数の外食産業、ジャンクフードを売る大企業の存在云々。
小難しい理由はさておき、「食の事」そのものが変わってしまったのではないか?


00:56  |  hidejii  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2010.04.20 (Tue)

初めての投稿です。
“ヘルスプランニングあいち”お勧めの手ばかりですが、T市保健センターで実施している「アレルギー予防相談」の時に使用している副読本「食物アレルギーをもつ子どものヘルシーレシピ」(独立行政法人 環境再生保全機構発行)にも掲載されています。アトピッ子を持つ親御さんの悩みは、アレルギー食品を除去した場合の栄養の偏りをすごく心配されます。そこで代わりの食品を紹介したり、量についても手ばかりで示してあるので理解してもらいやすくなっています。
最近の若いママさんは、お料理が苦手な方が多いように思います。と言うより応用が利かない方が多いいのかも知れません。ちょっとしたヒント?をお話しすると、あぁ~と気づき家に帰ってすぐ実践していただける様です。これはうれしいことです。
食事作りが楽しくなければ、楽しい食卓作りはできませんね。それには簡単で、栄養的にも、見た目にも、もちろん味も美味でなければいけません。ちょと先輩?の私たちが少しでもそのノウハウをこの画面からお伝えできればと思います。

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

21:26  |  matuhara  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

食育と手ばかり

2010.04.20 (Tue)

T市から介護予防事業の一環である「はつらつクラブ事業」の専任介護員研修の講師依頼がきました。
早速、企画提案し、「高齢期の食事の現状と生活改善のポイント」をお話した後、「簡単なおやつの紹介(実習)」とグループワークを実施しました(研修時間は10時~12時30分)。
研修会で感じたことやレシピをご紹介します。

簡単おやつ/レシピ

高齢者の食事の現状や身体状況などを短時間で把握するには、かなり熟練した聞き取りスキルが要求されますが、
基本を再確認しながら研修をすすめました。
受講された専任介護員の方々は、さすが現役!実に見事に対応しているようでした。現場での生の声もお仲間には良い参考事例となったようです。

簡単なおやつ作りは、実習を通して介護予防につなげることの意義や主旨を説明。
実習中の高齢者の動きや言動に注目して、しっかり観察のして欲しい。ポイントなどを習得。
無理なく楽しみながらすすめるコツなどを学んでもらいました。
ただセカセカと作って食べるだけでは楽しくありませんからね~。

おやつは、食事を補うもの。手ばかり栄養法指導シートを使って自分の手のひらで、食べる量を確認しました。
栄養素を3色で表現し、赤・黄・緑が揃っていることが大切ですと伝えました。

簡単おやつのレシピをご紹介します。
管理栄養士の腕の見せどころ?3色揃っていますね。とっても簡単にできちゃいますよ~。カロリーもOKかしら。

高齢者の食育は、食歴や背景などを踏まえて、相手の目線でわかりやすく伝えること。反復繰り返しも大切です。
手ばかり栄養法でアドバイスをすれば、きっと忘れないで、実践してくれますよ。
02:00  |  maasa  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。